Ryzen5 3500が2020年2/22に発売!価格や性能スペックを解説

CPU

 

Ryzen5 3500が2020年2月22日11時に正式に日本で販売されることになりました。本日はRyzen5 3500性能スペックを紹介するとともにどんなユーザー向けのCPUなのか発売前に解説していきます。

ぱんだ
ちなみに競合はCore i5-9400Fということみたいですが実際性能は上回っているそうですよ!

Ryzen5 3500の発売日と価格

画像出典:AMD-HEROES.jp

Ryzen5 3500の発売日はタイトルに買いてある通りですが2020年2月22日11時から発売となります。価格は市場想定価格は1万4,680円+税になる予定です。

市場想定価格があっていれば消費税合わせても16,148円になるので低価格でパソコンを購入したい人にとっては良いCPUと言えるかもしれませんね!

Ryzen5 3500や3500Xという低価格モデルは海外では販売されていたが日本では未発表だった

Ryzen5 3500や3500Xというモデルは実は存在していましたが、OEMや中国やインドの市場向けに販売されていました。日本で手に入れる場合は並行輸入や個人輸入といった方法しかありませんでしたが、今回やっと正規で購入することができるようになるということです。

 

Ryzen5 3500の性能スペックは3600と4300G

Ryzen5 3600 Ryzen5 3500 Ryzen5 3400G
世代 Zen2(7nm) Zen2(7nm) Zen2(12nm)
コア/スレッド 6コア12スレッド 6コア6スレッド 4コア8スレッド
ベースクロック 3.6GHz 3.6GHz 3.7GHz
ブーストクロック 4.2GHz 4.1GHz 4.2GHz
L2キャッシュ 3MB 3MB 2MB
L3キャッシュ 32MB 16MB 4MB
TDP
(消費電力・発熱)
65W 65W 65W
内蔵GPU Vega11
対応メモリ DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-2933
CPUクーラー Wraith Stealth Wraith Stealth Wraith Stealth
価格 約24,000円 約16,000円 約19,000円

2019年7月に発売されたZen2ベースの第3世代Ryzen5は3600までが発売されています。

Ryzen5 3600は現在最安の価格でも2万4,000円前後で取引されており、それよりも下の価格となるのが第2世代のRyzen5 2600/2600Xしかないためテコ入れのために発売されることになったのではないかと言われています。

また、最新のCPUとしてRyzen5 3500を投入することで、低価格で購入することができるため第2世代のRyzen5CPUの購入を控えていた人たちを狙った製品でもあるような気がします。

Ryzen5 3500とその他CPUのベンチマークスコア

Core i5-9400Fは2019年2月に発売されたCPUで、現在売られている価格は17,300円前後なので以下にRyzen5 3500が性能面・価格面で優れているのかわかるのではないでしょうか?

Ryzen5 3500はゲーム向き

 

画像出典:amd-heroes.jp
これはフォートナイトのフレームレートをCapFrame Xで計測したスコアになります。
下から2番目がRyzen5 3500で一番下がCore i5-9400Fのスコアになります。
一番低価格であるはずのRyzen5 3500のスコアが設定によってはRyzen5 3600よりも価格差以上のスコアは出ておらず、また競合CPUのCore i5-9400Fと比較してもスコアは変わらずフォートナイトなどをする場合はRyzen5 3500はベストなCPUと言えると思います。
ちなみにRyzen5 3500の性能を十分発揮させるためにもメモリはDDR4-3200を選ぶのがいい選択となります。
価格も1万6000円で購入することができるので低価格でできるだけ性能スペックが高いPCを目指すならいいこれからのスタンダードCPUですかね!
新製品 AMD Ryzen 5 3500 BOX 6コア / 6スレッド Base3.6GHz TB時4.1GHz

Ryzen5 3600Xの価格・性能もみてみる

Ryzen5 3600/3600Xの価格と性能スペックを解説|コスパ良の理由とは

最新情報をチェックしよう!