Ryzen5 3600/3600Xの価格と性能スペックを解説|コスパ良の理由とは

  • 2020年2月23日
  • CPU
CPU

 

今回はRyzen5 3600/3600Xの価格と基本的な仕様、性能を表すベンチマークスコアなどを紹介していきます。

ただ3600/3600Xのスコアだけを書いても全くわからないのでPC初心者の人でもわかるよう競合CPUと言われるCore i5 9600Kなどと比較しながら紹介していきます。

個人的な意見で結論を先言うと低価格の高性能パソコンを求めているのであれば今後はかなりおすすめできるCPUだと感じています。正直発売した2019年7月から比べると値段はそこまで変化はないですが非常に手を出しやすい価格ですし何よりも価格以上の性能を秘めているのではないでしょうか?

ぱんだ
Ryzen5 3600/3600Xをできる限りわかりやすく簡潔に紹介します!

 

Ryzen5 3600/3600Xの仕様と基本情報

まずはRyzen5 3600/3600Xの仕様を紹介します。

Ryzen5 3600/3600X
モデル名 3600 3600X
コードネーム Matisse
コア数/スレッド数 6コア12スレッド
動作クロック/TB 3.6GHz/4.2GHz 3.8GHz/4.4GHz
3次キャッシュ 32GB
GPU
製造プロセス 7nm
ソケット AM4
PCIe Expressバージョン PCIe 4.0 Express ×16
TDP 65W 95W
CPUファンAMD Wraith Stealth Spire
価格 23,500円前後 29,800円前後

価格は2020年2月22日現在のものです。

Ryzen5シリーズはゲームでもクリエイティブ系でも基本的になんでもこなすことができるCPUだと言われているミドルレンジCPUと言われています。

6コア12スレッドのCPUを2万円〜3万円以内で購入できるのは非常にコスパが高いと言えますね!またその下の2600も13,000円ほどで購入できるので少しでも安く性能が高いパソコンを組む場合は必ず候補に上がるCPUとなっています。

第2世代のRyzen5と比べ今回紹介している第3世代のRyzen5はキャッシュの倍増と動作クロックが向上しているためしっかりと高速化されています。

今後パソコンを購入する際に少しでも安いパソコンをとおもうなら間違いなく第一候補となるCPUになってくるはずです。

Ryzen5 3600/3600X「CINEBENCH20」のベンチマークスコアで比較

ここで紹介するグラフはCINEBENCH20で計測したシングルスレッドとマルチスレッド性能のベンチマークスコアです。

そして、競合となるインテル製CPU「Core i5 9600K」と「Core i5 9400F」のベンチマークスコアを比較した表となります。

シングルスレッドとは、軽い処理の処理速度が速くなる数値で基本的なパソコンの動作の速度が速くなる数値を表しています。
マルチスレッドとは、同時作業じの処理やエンコードの速度、パソコンの100%の力を発揮した時の数値を表しています。
棒グラフにカーソルを合わせると数値を確認できます。

物理6コアのCPUであるこの4つのCPUを比較すると以上のようなベンチマークスコアが計測されました。価格は以下の通りです。

Ryzen5 3600X Ryzen5 3600 Core i5 9600K Core i5 9400F
コア/スレッド 6/12 6/12 6/6 6/6
動作クロック/TB時 3.8GHz/4.4GHz 3.6GHz/4.2GHz 3.7GHz/4.6GHz 2.9GHz/4.1GHz
TDP 95W 65W 95W 65W
PCIe Express
バージョン
PCIe 4.0 PCIe 4.0 PCIe 3.0 PCIe 3.0
対応メモリ DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4ー2666 DDR4ー2666
価格 29,800円 23,500円 25,510円 17,000円

特にRyzen5 3600と9600Kは価格では2000円程の差がありますが、性能スコアは価格以上に離れており、3600の優秀さが際立っています。ただし消費電力などを示すTDPではW数は変わりませんが、やはり6コア6スレッドのCore i5に軍配が上がります。

 

ゲーム性能はどちらが上?3DMarkでのベンチマークスコア

最近はゲーミングPCの需要がすごく高まってきているのでゲームをする場合の性能が気になるのでその辺のベンチマークスコアも紹介しておきましょう。

ただし3Dゲームなどでは最も重要なのはグラフィックボードです。しかし、CPUによってその性能を引き出せるかは変動することもあるのでRyzen5やCore i5のスコアを紹介しておきます。

グラフィック描画パフォーマンスは「3DMark」のFire StrikeとTime Spyで比較しています。この比較で使用されているグラフィックカードはGeForce RTX2080Tiとなります。

準備中ですしばらくお待ちください。

Ryzen5 3600/3600Xの良い点・悪い点

 

良い点 悪い点
Ryzen5
3600/3600X
  • 競合CPUを超える6コア12スレッド
  • ゲーミング性能が高い(将来的に有利かも)
  • 価格が手を出しやす2万〜3万以内
  • 純正CPUクーラーが高評価
  • 3660と9600KはRyzenの方が安いにもかかわらず全体的なスコアは高い
  • グラフィックスコアではCore i5に負ける
  • CPU負荷の低いゲームではIntelが有利
  • Core i5に比べると消費電力が高め

Ryzen5 3600/3600Xの関連パーツ

マザーボード

メモリ

SSD

この辺も紹介しますのでしばらくお待ちください。

AMD CPU「Ryzen」に関する記事

Ryzen5 3500が2020年2/22に発売!価格や性能スペックを解説

最新情報をチェックしよう!