GigaCrysta EAGLのSSD-GC512M2の価格と仕様・性能スペック

今回は2019年10月にアイ・オー・データ機器が作ったゲーマー向けブランド「GigaCrystaE.A.G.L」の注目のPCパーツについて紹介していきます。

「GigaCrystaE.A.G.L」が立ち上げ早々発表したPCパーツがGigaCrysta E.A.G.L「SSD-GC512M2(256GB、1TBもある)」でM2フォームファクターのPCI Express 3.0 ×4接続対応のNVMe SSDとなります。

256GBの「SSD-GC256M2」と1TBの「SSD-GC1TM2」もラインナップされている。タイトルにも書いてあると通りゲームデータを簡単に移動できる便利なアイテムなので詳しく解説していきます。

ぱんだ
これはゲームのヘビーユーザーライトユーザーともに一度は使ってみたいSSDですね!

GigaCrysta E.A.G.LのSSD-GC512M2はインストール済みのゲームを間に移行できる高速SSD

 

GigaCrysta E.A.G.Lはアイ・オー・データ機器の新しいゲーマー向けブランドです。このブランドは2019年10月に立ち上がったブランドですが、その第一弾となる商品が「SSDーGCM2」というシリーズになります。

で、注目するべき点がこのSSDを利用することによって既にパソコンにインストールされているゲームを自動で検出しGigaCrysta E.A.G.LのSSDに移動させることができるというなんだか激アツで便利なSSDなんです。

 

ぱんだ
もう少し詳しく解説すると

 

例えば通常の流れで言えばインストールされているゲームを別のドライブに移動させる時っていうのは、インストール先となるフォルダを変更しゲームのデータを全コピしてそこに移すなどいくつかの手順が必要になりますよね?

これを面倒に感じる人は、新しいドライブ新しくゲームをインストールするっていうパータンもあると思います。ただその場合はゲームをダウンロードするときにパソコンによってはとてつもない時間がかかることもありますよね。

ぱんだ
しかし、GigaCrysta E A.G.LのSSDはGigaCrysta Phantomというアプリがあるためゲームのインストール状況をそのままにワンクリックでこのSSDにゲームのデータを移動することができるんです!!

 

このSSDを使えば時間や手間などをかけなくても高速なNVMe SSDにゲームを移すことができるようになるということですね!また、GigaCrysta Phantomは様々なゲームプラットフォームに対応しているので安心です。

画像出典:GigaCrystaEAGL公式ページより

対応しているゲームプラットフォーム

  • Steam
  • EpicGamesLauncher
  • Origin
  • Battle.net

自動で認識されるプラットフォームは現在以上の4つですが、認識されないゲームは手動で登録することができるので問題ありません。

また、性能もNVMeSSDとして十分な速度が出ているというデータもあり、実際読み込み速度で3,300MB/s以上、書き込み速度も2,100MB/sを超えています。

公式サイトではPUBGの読み込み時間を紹介しています。

画像出典:GigaCrystaEAGL公式ページより

GigaCrysta E A.G.LのSSD「SSDーGCM2」対応機種・仕様について

画像出典:GigaCrystaEAGL公式ページより

パソコン

対応機種 M.2(NVMe)対応のWindowsパソコン
動作環境 ・M.2インターフェイスを搭載している機種。また、それに本商品を接続できること。
・PC本体が本商品の容量に対応していること。
・パソコン本体に内蔵増設が可能な空きスペースがあること。

対応するOS

対応OS
(日本語版のみ)
Windows 10/Windows 10(Sモード)※1/Windows 8.1
備考 注意:GigaCrysta PhantomアプリはWindows 10(Sモード)には対応していません。

仕様

外形寸法 約22(W)×80(D)×7.5(H)mm(256GB/512GB)
約22(W)×80(D)×8.8(H)mm(1TB)
※ヒートシンク含む
質量 約17g(256GB/512GB)、18g(1TB)
質量(梱包時) 約80g(256GB/512GB)、81g(1TB)
インターフェイス M.2/NVMe(PCIe Gen 3 × 4)/M Key
フォームファクタ M.2 2280
フォーマット NTFS
電源 PCより電源供給
使用温度範囲 0~50℃
使用湿度範囲 20~80% ※結露ないこと
保証期間 1年保証
各種取得規格 RoHS指令準拠(10物質)、NVMe 1.3c
備考 ※商品にはサポートソフトCD-ROMはありません。
ソフトウェアなどは当社サポートライブラリよりダウンロードしてください。

付属品

付属品 SSD-GCM2 Gamer’s Guide、GigaCrystaPhantom Gamer’s Guide、マザーボード用固定ネジ(M2)2本(※1本は予備になります)
備考 ゲーム用アプリ「GigaCrysta Phantom」はSSDに書き込み済みです。万が一、消去してしまった場合は当社サポートライブラリより再ダウンロード可能です。

その他の「SSDーGCM2」について知っておきたいこと注意点

備考 ・連続してゲームの書き込みを行うと動作速度が遅くなる場合がありますが、異常ではありません。
・速度が低下してもSerial ATA SSDよりも高速
・ヒートシンクは、取り外すことができません。

GigaCrysta E.A.G.LのSSD-GC512M2の価格

SSD-GC512M2 I/Oデータ GigaCrysta E.A.G.L NVMe M.2 SSD 512GB SSD-GCM2シリーズ
created by Rinker
¥15,310 (2020/04/06 02:01:22時点 楽天市場調べ-詳細)

256GBの価格

【送料無料】I-O DATA 内蔵SSD 256GB M.2 NVMe ヒートシンク搭載 高速アプリ PCゲーム GigaCrysta E.A.G.L SSD-GC256M2

1TBの価格

【新品】アイ・オー・データ機器(I・O DATA) SSD-GC1TM2 「GigaCrysta E.A.G.L」 PCゲーム向け M.2 NVMe SSD 1TB (SSDGC1TM2)
created by Rinker
¥31,680 (2020/04/06 10:58:21時点 楽天市場調べ-詳細)

PCパーツの基礎知識

これからBTOパソコンや自作PCに挑戦する人は性能が高く価格が安いパソコンを購入する際に知っておいて損はない基礎知識です。コスパの良いパソコンを購入したいなら是非この辺の知識もしっかり学んでおきましょう!知っていると失敗することがなくなります。

CPUとは?パソコンの基礎知識Intel・AMDについて解説

パソコンメモリとは

SSDとは?HDD(ハードディスク)との違いと速度や価格を比較

グラフィックボードとは

マザーボードとは|マザーボードの選び方も解説

BTOパソコンと自作PCどっちが安い?

BTOと自作PCの永遠のテーマ的な内容ですw

実際PCパーツによってもこの辺の価格差は出てきますが、グラボ搭載の15万円程度のBTOパソコンと自作PCだったらどのくらいの価格差が出てくるのか一定の答えになってくれるはずです。

BTOパソコンと自作PCどっちが安い?同程度パーツで価格差を比較してみた

最新情報をチェックしよう!