ゲーミングPCを3万円以内で作る方法!ちょい自作してPUBGを遊べ!

 

今回はゲーミングPCを3万円で自作してPUBGやフォートナイトを遊ぶ方法を紹介していきます。実際にゲーミングPCを3万円で作ることはできるのか疑問に思う人もいると思いますが可能です。

おそらく検索してる時点であればいいなと思っているとは思いますがw

ただ先に言っておくと中古デスクトップを利用しての方法となるのでその点はご理解くださいね。

この記事でわかること

  • 3万円でゲーミングPCを作る方法

今回タイトルに自作と書いてありますが、実質自作というよりもパーツを取り付けるだけになるのでパソコンに詳しくない人でも問題なくできる範囲になるのでその点は安心してください。

ぱんだ
まじでまともに使えるゲーミングPC3万円以内で作っちゃうよ!!既に中古デスクトップがある人は場合によっては2万円以内で収まるかもね!

ゲーミングPCをちょい自作の予算3万円で作る方法を大公開

えび
いやいやマジでゲーミングPCを3万円以内で作れるの?
ぱんだ
そう思うよね!でも実はマジでこれが可能なんだなぁ!
今回はゲーミングPCをちょい自作要素もあるけど3万円以内で作る方法を紹介していきます。フォートナイトはPUBGよりも負荷は大きくないのでPUBG基準で紹介していきますのでその点は頭に入れておいていただきたい。
それとその前にPUBGの最低スペックと推奨スペックについてお話ししておきます。また、PUBGは2019年12月にリリースされています。
PUBGができればもちろんPUBG Liteも余裕でプレイすることができるので、今回紹介する3万円以内のゲーミングPCを購入した際には是非色々と試してもらえればと思います。
それではまずはPUBGの最低スペックと推奨スペックについて紹介していきましょう。

 

 

PUBGの最低スペックと推奨スペック

画像出典:スチーム「PUBG」公式サイトより

 

本家PUBGの最低スペックと推奨スペックは画像の通りです。

OSは現在Windows7はマイクロソフトのサポートが終了しているのでWindows8.1かWindows10の64ビットパソコンを利用します。

CPUは最低でもCore i5-4430以上でメモリは8GB、グラフィックボードは最低でも1050Tiは準備するべきです。

PUBGを3万円のゲーミングPCでプレイするためには

・OS:Windows8.1かWindows10の64ビットパソコン
・CPU:Core i5-4430以上
・メモリは8GB以上できれば16GBを準備
・グラボは最低でも1050Tiを準備
ぱんだ
これがPUBGをプレイするために必要な最低限のスペックですな!

PUBG Liteの最低スペックと推奨スペック

画像出典:PUBG LITE公式サイトより

PUBG LITEは、PUBGが重すぎてあきらめていたユーザーがPUBGを楽しむために作られた動作環境が格段に下げることに成功したゲームです。

もちろん全てがPUBGと同じというわけではないので、建物などが破壊できなくなったという部分などはありますが動作環境が大きく引き下げられていることであきらめていたユーザーでも問題なくPUBGを楽しむことができるようになっています。

PUBGLITEの公式TwitterではPUBGの比較動画を紹介しています。

PUBG LITE公式TwitterはPUBGユーザーが気になる部分をアップしてくれているんですね。

低予算でゲーミングPCを買うのはアリとは思いますが、まずはパソコンを持っていて重くてPUBG本家をあきらめていた人は先にこちらを試してから作るか作らないかを決めた方がいいのかなと個人的には思います。

 

ゲーミングPCを3万円でちょい自作して作る方法

ここではオークションやフリマで購入した中古デスクトップパソコンを購入しゲーミングPCへと進化させる方法を紹介します。但し中古デスクトップパソコンをいくらで手に入れることができるかによって金額も変わってくるので人によって金額は変わることがることはご理解ください。

現在私もオークションでできる限り安い中古デスクトップパソコンを狙っている途中ですが、落札し届き次第追記していきます。

・中古デスクトップパソコン=高くて1万円
・グラフィックボード=1.6万円
・メモリ8GB(予算余裕ができれば16GB)→4000円
合計:3万円

ヤフオクでゲーミングPCに最適なパソコンを落札する!今回落札したPCは6000円!

 

ヤフオクの検索窓に「Core i5 Windows 10 SSD」と入力して検索をかける。

するとオークションだけでもデスクトップカテゴリに絞っているにもかかわらず718件のパソコンがヒットしました。

注意するべきはCore i5の後に続く数字の部分です。

PUBGの最低動作スペックで「CPU:Core i5 4430」と書かれているのでできればこれよりも新しいCPUを積んでいるパソコンを狙っておきたいところです。Core i5の4430より数字が大きければOKです(但し、数字の後に「T」があるのはダメ!!)

それとSSDと入力して検索をかけてもらっていますが、それでは予算にあうパソコンがない場合もあるのでその場合はSSDという部分は削除して再検索してください。

 

※SSD搭載のゲーミングPCを落札できた場合、128GBのSSDがついているなら下の方で詳しく紹介するので250GB以上のSSDへと交換した方がいいかもしれません。詳しくは下の方でみてください。

2020年2月22日追記

なんとか落札することができました!!
正直格安でデスクトップPCを落札するには根気が必要ですね!
今回はなんとか「Lenovo E73」のCPU「Core i5 4570」Win10 搭載を落札することに成功しました!価格は6000円であと送料がいくらになるかまだ確定していません!
ただ1923円くらい送料がかかってくると書いてあったので7,923円でパソコンを購入できたことになります!1万円で予算を考えていたので上出来ですね!
届いたデスクトップパソコンは正直、値段相応な見た目ですし性能もHDDなので起動も遅いですがまずはゲームできるようにやっていきたいと思います!
・ヤフオクで「Core i5 Windows 10 SSD」と検索する(カテゴリデスクトップ)
・「Core i5 4430」より大きい数字のCore i5を搭載したデスクトップPCを探す(Tがあるのはダメ!)
・予算に見合うパソコンが出てこない時はSSDを消して「Core i5 Windows 10」で検索
ぱんだ
まずはこれでパソコンを探してみましょう!

パソコンを落札できたらGTX1650ロープロファイルを購入する

PUBGができそうなCPUを搭載したパソコンを落札することができたら自宅に到着するまでにグラフィックボードを購入しておきましょう!

バトロワ系のゲームを快適にプレイするためにはグラボは重要なパーツとなります。

また、実際購入するパソコンのCPUはIntel製のCore i5で第4世代とかなり古いCPUなのでめちゃくちゃいいグラボを買ったとしても性能を100%発揮させることは難しいのでGTX1650で十分です。

今回の3万円でゲーミングPCを作成する場合ほとんどがスリムケースのデスクトップPCを購入することになりますのでスリムケースを購入したらグラフィックボードはロープロファイルのものを購入してください。

ASUS エイスース グラフィックスカード Nvidia GTX1650搭載 ロープロファイルモデル GTX1650-O4G-LP-BRK[GTX1650O4GLPBRK]
created by Rinker
¥21,370 (2020/08/15 11:11:41時点 楽天市場調べ-詳細)
MSI GeForce GTX 1650 4GT LP [GTX1650/GDDR5 4GB] GeForce GTX 1650搭載グラフィックカード ロープロ対応

この2つのどちらかのグラボであればOKです。

基本的に今回購入する中古デスクトップのPCケースはスリム型となるのでローブロファイル用のグラボを購入すれば取り付けることができます。

2020年2月22日現在の問題としてはGTX1650のロープロファイル(LP)はほとんどが品切れ状態でAmazonでは1ヶ月〜3ヶ月待ち状態となっています。なので価格.comなどで販売しているお店を探してみましょう。

今回私が購入したグラフィックボードはこちらの商品です。

ソフマップが最安でしたが在庫切れで最短でも10日くらいかかるようだったのでBTOショップの「ark」で購入しました。

商品が届きました。

ロープロファイルのグラフィックボードは初めて購入しましたがこんなに細いんですね!さすがスリムケースPCにも入るだけあって細い作りです!

・めぼしいパソコンを見つけ落札できたらグラボを買いましょう!
・GeForce GTX1650のグラフィックボードを購入しましょう!
・スリム型のデスクトップであればロープロファイル対応のグラボを購入する!
・グラフィックボードは1650より下のGTX1050Tiでもあり!結構使っているユーザーは多い!
ぱんだ
グラボはGTX1650と行っても様々なメーカーが出していていろんな種類が存在します。わからないことがあれば気軽にコメント欄などで聞いてね!ちなみにPUBGユーザーはグラボ1050Tiも意外と多いんですよ!

余裕があればメモリも追加購入して16GBにする

さらに今回落札できたゲーム用のPCはもしかしたら4GBの古いメモリがついていることもあるかもしれません。

そこで、最低でも8GBもしくは16GBにしてあげましょう!

新品 PATRIOT 互換増設メモリ PC3-12800 (DDR3-1600) 8GB (4GB x 2枚組) デュアルパッケージ PSD38G1600KH 動作確認済 相性保証
created by Rinker
¥6,980 (2020/08/15 08:18:45時点 楽天市場調べ-詳細)

メモリが8GBあるのであれば問題ないですが、4GBしか搭載されていなければ4GBメモリの2枚挿しを行いましょう!2枚挿しをおすすめする理由として処理スピードが速くなるためです。

今回購入したデスクトップPCはメモリが4GBなのでゲームをプレイするためにはスペック的には物足りません。最低でも8GBにするために4GB×2枚は準備する必要があります。

ここまでで

  • パソコン代=7,923円(送料1,923円)
  • グラフィックボード =19,778円

合計=27,701円かかっているので2,300円以内でできれば抑えたいところです。

Amazonで探してみると4GBのCFD製DD3ー1600が1,800円くらいで販売されているのでこれを購入する予定です。4GBメモリは既に1枚刺さっている状態なので追加で4GBメモリを1枚購入すれば合計で8GBになります。

  • パソコン代=7,923円(送料1,923円)
  • グラフィックボード =19,778円
  • 4GBメモリ(DDR3-1600)1枚=1,867円

合計=29,568円となる予定です。

2020年2月25日ここで問題が発生しました!!!

なんと届いたパソコンを確認すると2GB×2枚のメモリが挿入されていたので4GBメモリを1枚購入してもダメと言うことが判明しました。なので、最低でも4GB×2枚のメモリもしくは8GBメモリを購入しなければならなくなりました。

今回購入したLenovo E73sは標準の仕様書ではメモリのスロットに空きが1つあると表示されていたのでまさかの展開。

なので3万円超えてしまうことになりますwすみませんw

8GBも考えてますが、価格によっては16GBにした方がトータル安い可能性もあるので16GBになるかもしれません。

えび
まじで送料も入れて3万円で収まっちゃったなwすごい!
ぱんだ
送料がなければ16GBも行けたね!!

ーーーーーーーーーーーーーー   問題発生後  ーーーーーーーーーーーーーーー

ぱんだ
これはまさかの想定外でした。3万円でできると期待した人ごめんなさい!

パソコン本体とPCパーツが届いたら行う作業

2020年2月19日現在オークションでパソコンを探しています。

ですので実際の作業をまだお見せすることはできませんが手順を紹介しておきます。中古パソコン本体とPCパーツが届いてから作業を行うようにしてください。

1.中古デスクトップのパネル開けます

まずはこのネジを2つ外します。今回購入したようなデスクトップPCは指で外すことができるネジがついていることが多いので簡単にネジを緩めることができます。

簡単に外せました。

あとは、蓋(フタ)の部分を少し横にスライドさせると簡単にフタ部分であるパネルを外すことができます。

こんな感じで少しスライドさせられます。

これで外側のパネルを外すことができましたね!ここまでかかった時間は1分もかかっていません!

2.グラフィックボードを取り付けます

3.メモリを換装(交換)します

4.パソコンを起動しNVIDIA(エヌビディア)のGeForceのドライバーをインストールします

5.PUBGをスチームからダウンロードします

6.あとはPUBGを楽しむだけ!

中古デスクトップを落札でき次第アップしますのでお待ちください!

ただ落札後の流れとしてはこのようになっています。今まで自作PCを作ったことがない人はわからないことが多いと思いますので、届き次第パソコンに苦手意識を持っている人でもわかるようしっかり解説していきますのでしばらくの間お待ちいただければと思います。

ちなみに最近5万円で自作PCを作りました。全て新品で制作しましたので新品がいいという人は興味があれば読んでいただければと思います。

ゲーミングPCを5万で自作した方法!知っておくべき注意点/ライトユーザーには十分

さらに作った自作PCでフォートナイトやその他の基本的なゲームのベンチマークスコアを計測しました。

5万円で常時60FPS!?フォートナイトにおすすめのパソコンとスペックと3つの購入方法

最新情報をチェックしよう!