CPUクーラーとはどんな役割なのか?取り付け方の種類とサイズに関する注意点

 

 

この記事ではCPUクーラーとはどういう役割を持つのか、どんな種類があるのかなど初めて自分でCPUクーラーを選ぶ際に役立つ知識を紹介します。そのほかにもCPUを取り付ける際の注意点なども紹介しているので参考になれば幸いです。

この記事でわかること

  • CPUクーラーとは
  • CPUクーラーの種類とタイプ
  • CPUクーラーの取り付け方式
  • CPUクーラーに関連する注意点

この辺を解説します。

 

 

CPUクーラーとは?CPUを冷却する重要パーツ

CPUクーラーとは、名前の通りCPUを冷やすためのパーツとなります。高周波数で動作するCPUは発熱量も大きく、CPUの金属部分であるヒートスプレッダーだけでは放熱が間に合いません。

>>CPUとは?パソコンの基礎知識Intel・AMDについて解説

CPU内部には温度センサーが中に組み込まれていて、温度が高くなると動作周波数を落としてしまうことになるので性能低下を招くこともあり、最悪の場合故障に繋がる可能性もあります。

このような理由によってCPUをしっかり動作させるためにも必要なパーツがCPUクーラーということになります。

ぱんだ
人も体の温度調節だけでは暑いと感じることもあり、さらに快適に体を動かすためにも扇風機やエアコンが必要なように、CPUも性能を発揮できるようCPU専用の扇風機やエアコンが必要だということですね!

CPUクーラーの役割と知っておくべきポイント

CPUクーラーの役割

  • 動作時に高温になるCPUを冷やして熱から守る
  • トップフロータイプはCPUだけでなくCPU周辺も冷却する効果がある
  • サイドフロータイプはファンを大口径化しやすくスムーズなエアフロー(空気の流れ)で冷却性能が高い製品が多い
  • CPUにより発熱量が違うが高発熱CPUでは簡易水冷の利用することもある
ぱんだ
最近のCPUクーラーはサイドフローが主流と言われ製品の選択肢が広い

CPUクーラーの種類と仕組み

サイドフロータイプ
トップフロータイプ

簡易水冷クーラー

CPUクーラーの冷却方法は空冷と水冷の2種類があり、手軽な点などから現在は空冷が主流となっています。CPUに付属しているリテール(純正)クーラーも空冷タイプとなっています。

またリテールクーラーの冷却性能も十分なこともあり、別途CPUクーラーを購入する必要がない場合もあります。しかし、オーバークロック(OC)するために冷却性能を高めたい・ファンの静音性を高めたい時は別途CPUクーラーを購入する人もいます。

  • サイドフロータイプは他のパーツに干渉せずファンやフィンを大型化し冷却性能を高めることができる
  • トップフロータイプはCPUの真上からフィンに風を当てて冷却し他パーツも冷却できるメリットがある
  • 簡易水冷タイプは熱伝導率の高い液体を使って冷却し、ラジエーターの大きさが冷却能力の目安で強力な冷却能力がものが多い

ここからCPUクーラーの構成を少しだけ詳しく紹介しておきます。

ファン

CPUクーラーの放熱フィンに風邪を送り、強制的に冷やすための部品です。ほとんどのファンには側面のフレームに風邪の向きを表す矢印があります。

放熱フィン

熱が少しでも多く空気に伝わるようにたくさんのいたで表面積を確保した部品になります。ベース部分とセットでヒートシンクと呼ぶこともあります。

ヒートパイプ

熱を移動させるための部品となります。内部に液体を入れ熱源で液体を気化し冷却部で液化して溝を伝って熱源に戻る構造となっています。主にベースから放熱フィンに熱を運ぶのに使われます。

ベース

CPUにくっつく部分です。熱を放熱フィンに伝える部分となります。CPUの純正クーラーのように放熱フィンと一体になったタイプもあります。

バックプレート(取付金具)

CPUクーラー本体をマザーボードに固定するための部品です。マザーボードの裏側に取り付けます。

取り付ける前に知っておきたい熱を下げるグリスについて

CPUにはCPUクーラーと接地する部分にグリスを塗ります。これはCPUの熱を下げるために必要なことですが、純正グリスを使うと後々外す場合にCPU本体とCPUクーラー本体の接地部分がくっつき「スッポン状態」となることがあります。

AMD社製CPUのRyzenではこれが結構起こるのでできればグリスは別の物を利用した方が

  1. 熱をさらに下げることができる
  2. 接地面がくっつくことがなくなる

といった理由から別途他社製のグリスを購入することをおすすめします。

一番のおすすめはMX-4というグリスです。自作PCなどを紹介するYouTuberの吉田製作所さんも推奨するグリスです。

ZAWARD MX-4 Thermal Compound(4g) MX-4/4g
created by Rinker
¥1,320 (2020/08/16 03:44:53時点 楽天市場調べ-詳細)

スッポンを防ぐために

すでに純正グリスを塗って外す場合は、ツクモ池袋店のTwitterで紹介されているように一旦PCを起動し温めた後に外すようにしましょう。

でないとCPUのピンが曲がったり、折れたり、最悪マザーボードまで壊れることもあるので本当に注意が必要となります。

CPUクーラーの知っておきたい注意点

ここではCPUクーラーに関する注意して起きたことについて紹介します。

インテル製のK付きCPUはリテール(純正)クーラーなし

IntelとAMDのCPUには純正クーラーが付属しないモデルもあります。Intel製のCPUであれば「K」がついている製品はリテールクーラーがついていないので覚えておきましょう。

Intel製のCPUでは以下のようにKがついているCPUはリテールクーラーがないので覚えておいてください。

  • Core i9-9900KS
  • Core i9-9900K
  • Core i9-9900KF
  • Core i5-9600K/KF
  • Core i7-9700K

AMDでは「Ryzen Threadripper」シリーズでも同じようにリテールクーラーがありません。

ぱんだ
発熱量の多く性能の良いCPUの場合は自分で良いCPUクーラーを買いなさいということですね!

CPUクーラーの高さがケースに収まるか確認する

サイドフロータイプのCPUクーラーの高さがケースに収まるか確認することが大切です。PCケースメーカーのサイトの製品ページには利用可能なクーラーの最大サイズが記載されているのでしっかり確認してください。

また、マザーボードのCPU周りにあるメモリやコンデンサなどのパーツと干渉しないかもチェックが必要です。

簡易水冷クーラーのサイズを確認すること

簡易水冷クーラーを使用する場合は、PCケース自体がラジエーターのが搭載できるか確認してください。

120mm140mm240mm280mm360mmといった複数のサイズがあるのでPCケースを購入し簡易水冷にする場合は対応するかチェックしましょう。

CPUクーラーの取り付け方(方法)

空冷のCPUクーラーの種類はトップフロー・サイドフローなどがありますが、製品ごとでも取り付け方が異なるので、ここでは取り付け方について解説しておきます。

ブッシュピン方式の取り付け方と取り外し方

ブッシュピン型はCPUを購入したら付属してくるリテールクーラーがこの取り付け方法となります。ピンの部分を押し込んでつけるだけで取り付けることができるので最も取り付けやすい方法の1つです。

取り外し方はしばらくお待ちください。

バックプレート方式の取り付け方と取り外し方

バックプレート方式はマザーボードの裏側に設置用のプレートを取り付けてCPUクーラーを固定します。またバックプレートに直接固定するタイプはナットで留めるタイプとネジで留めるタイプがあります。

ナットで留めるタイプ固定する部分が見えているので簡単なのですが、ネジで留めるタイプは、ねじ穴が見えないのでバックプレートを固定しにくいのでちょっと難しいと感じる人もいるかもしれません。

外し方はただ逆の手順で行えば良いので問題ないと思います。

初心者のCPUクーラーの選び方

  • ハイエンドPCを利用する場合は純正クーラーではなく別でCPUクーラーを購入すること
  • グリスは純正グリスよりも別にグリスを購入することをおすすめする
  • 現在は空冷でも水冷並に冷えるクーラーもあるのでそこそこハイエンドなCPUでも空冷で良いと思う
  • CPUクーラーを購入する場合クーラーとマザーボードのソケットが対応しているか確認すること
  • 干渉したりしないかPCケースの製品ページで確認すること(ヒートシンク付きのメモリと大きなCPUクーラーでは干渉する可能性があるため)

この辺を注意しながらCPUクーラーを選ぶことで失敗する確率を減らすことができます。

小さいPCケース(mini-ITX対応PCケース)では特に干渉しやすくなるので注意が必要となります。ただできるだけ小さく邪魔になりにくいPCケースも人気なので少しずつ確認しながら取り付けなければ購入した後に後悔することも多いので本当に注意してくださいね!

CPUクーラーとはどんな役割なのか?取り付け方の種類とサイズに関する注意点まとめ

ここまでCPUクーラーの基本的な知識を紹介していきました。

CPUクーラーはCPUの発熱で温度が上がるのを少しでも防ぐために重要なパーツと言えます。発熱量が高いCPUでは冷却性能の低い製品を利用すると熱暴走することもあるためパソコンの寿命を縮めることにつながってしまいます。

グリスを純正のものから社外製のものにする(おすすめはMXー4)ことで温度の上がり方を抑えることができ、クーラーとCPUがくっつくことを防ぐことができます。

 

 

PCパーツの基礎知識

これからBTOパソコンや自作PCに挑戦する人は性能が高く価格が安いパソコンを購入する際に知っておいて損はない基礎知識です。コスパの良いパソコンを購入したいなら是非この辺の知識もしっかり学んでおきましょう!知っていると失敗することがなくなります。

CPUとは?パソコンの基礎知識Intel・AMDについて解説

パソコンメモリとは

SSDとは?HDD(ハードディスク)との違いと速度や価格を比較

グラフィックボードとは

マザーボードとは|マザーボードの選び方も解説

BTOパソコンと自作PCどっちが安い?

BTOと自作PCの永遠のテーマ的な内容ですw

実際PCパーツによってもこの辺の価格差は出てきますが、グラボ搭載の15万円程度のBTOパソコンと自作PCだったらどのくらいの価格差が出てくるのか一定の答えになってくれるはずです。

BTOパソコンと自作PCどっちが安い?同程度パーツで価格差を比較してみた

 

最新情報をチェックしよう!