BTOパソコンとは

BTOパソコンとは自分好みにカスタマイズして受注生産で購入することをいいます。初めてのパソコンをBTOもしくは自作PCでという人はなかなかいないと思います。

が、普通にパソコンを購入してしまうと性能の割に価格は高く、不要なソフトやツールが既に搭載されているため使わないのにその分価格が高くなっていることさえあります。

私がBTOパソコンを購入するきっかけになったのは性能と価格を重視するようになりしっかり調べるようになったことでした。これからパソコンを購入する際にBTOって何だろう?と思ったのであればあなたの理想を叶えるベストなパソコン選びの最初の段階に入った良い傾向と言えるでしょう。

この記事でわかること

  • BTOパソコンとは
  • BTOメーカー(ショップ)と言われるお店
  • BTOパソコンのメリット

このようなことをわかりやすく解説します。

BTOパソコンが気になったのであれば是非参考にされてください。

 

BTOとは?意味は受注生産のパソコンのこと

BTOとは「Build To Order(ビルド トゥ オーダー)」の略で受注生産のことをいいます。

BTOパソコンは、家電量販店などで売られている大手パソコンメーカーのパソコンと比べパソコンを構成するCPUやメモリ、グラフィックボード、SSD(ハードディスク)などをある程度自由にカスタマイズすることができ、価格も抑えられることから現在多くのパソコン購入検討をしている人たちが購入するようになっています。

ちなみに家電量販店などで販売されているパソコンの多くは無駄な物も入っていることもあり、無駄に価格が高くなっているので少しでも安く性能が高いパソコンを求めるならBTOパソコンはおすすめです。

知っている人はBTOメーカーもしくは自作PCでパソコンを購入する

また、デスクトップPCであれば新しいPCパーツが発売されて自分で交換することもできるので、パソコンの性能が古くなったら新しいパソコンを買うのではなく、パーツを新しいものへ交換・換装することで長く利用することができます。

私個人もここ6年で複数台のパソコンを購入しましたが全てBTOメーカー(ショップ)で購入しました。

さらに作ることや自分で直すこと、完全に自分が理想とするPCパーツで理想のパソコンを作ることに興味がある人は自作PC(PCパーツを全て自分で選び作ること)を利用しています。

 

BTOメーカー(ショップ)

パソコンを家電量販店などで購入してきた人はわからないかもしれませんが、実は公式ホームページなどではCPUやメモリ、SSD容量、オフィスソフトを搭載するかしないかなど細かく自分好みでカスタマイズすることができます。

富士通やNEC、DELLやLenovoと行った有名なパソコンメーカーも実はBTOパソコンを販売しているのです。BTOとは公式サイトでも謳ってはいませんがカスタマイズPCと呼んでいるところもありますね。

実は10年以上前からBTOパソコンを販売するショップは多くあり、ここ数年はそのようなショップがBTOメーカーとも言われ知名度が高まってきました。

ここではパソコンメーカーでありながらBTOパソコンを販売する会社とBTOメーカー(ショップ)と言われる会社を紹介します。

・DELL(デル)
・Lenovo(レノボ)
・富士通
・NEC
・ダイナブック
・Panasonic
このような世間一般にも知名度が高いメーカーもBTOパソコンの販売を行っています。ただ、BTOメーカーと呼ばれる会社のパソコンよりはカスタマイズに制限がかかっておりそこまで多くの選択肢はない印象です。
次にBTOメーカーの代表格とも言えるショップを紹介します。
・パソコン工房
・ドスパラ
・マウスコンピューター
・TSUKUMO(ツクモ)
・FRONTIER(フロンティア)
このような会社が現在有名なBTOメーカー(ショップ)になります。BTOメーカーでは自作PCを会社側で製作し保証をつけて販売するのがメインです。特にパソコン工房やドスパラはPCパーツも販売しており自作PCなどでも高い知名度があります。
ここ数年はBTOメーカー独自のブランドも人気が出てきてゲーミングPCの独自ブランドも販売していおりプロゲーマーのサポートも行っています。
パソコンメーカーと比べカスタマイズする際の選択できるパーツは多く、価格や性能を重視するパソコン購入の検討者からは多くの支持を受けています。
他には以下のようなショップも有名です。
  • SEVEN(セブン)
  • ストーム
  • サイコム
  • VSPEC
  • PCones(ワンズ)
  • ark(アーク)

全て覚えるのは難しいですが主要なBTOメーカーだけでも覚えておくと今後パソコン購入の際はきっと役に立つはずです。

買うならどこのBTOショップがイイですか?

どんな用途でパソコンを購入するかにもよりますが、BTOメーカーの公式サイトなどをみるとゲーミングPC、クリエイターPCなど細かくジャンル分けをして用途別でおすすめのパソコンが販売されています。

近年需要が高まっているのがゲーム用のパソコンと画像・動画編集用のパソコンです。量販店で販売されているパソコンではスペック的に無理がありますが、BTOメーカーのパソコンを購入することでサクサク動作するのであなたの目的にあったスペックのパソコンを購入するようにしましょう!

特におすすめできるのは

  • パソコン工房
  • ドスパラ
  • マウスコンピューター
  • Lenovo(レノボ)
  • DELL(デル)

あたりのパソコンになります。レボとデルは海外メーカーですが世界的にみてもパソコンの販売台数はトップクラスでレノボは現在販売台数1位のメーカーでもあります。価格も抑えられており、性能は抜群ですが海外メーカーなのでサポートの点では不安が残ります。

BTOパソコンでは自分の理想とするパーツでカスタマイズすることが無理な場合は、自作PCでパソコンを作ることになります。初心者には難しく感じる自作PCですが以下のショップであれば組み立てまで行ってくれるので最新・最高スペックのパソコンを手に入れたい場合は参考にしてください。

  • PCワンズ
  • ストーム
  • PC-TAKE

などは自分の使いたいPCパーツの構成などを相談しながら注文することも可能なので気になる方はぜひチェックしておきましょう。

BTOパソコンと自作PCってどっちがイイの?安いの?

どっちが安いのか?良いのか?と気になってくる人も多くいます。そのような人は以下で価格の比較などを紹介しているので参考にして下さい。

BTOパソコンと自作PCどっちが安い?同程度パーツで価格差を比較してみた

BTOパソコンのメリット

BTOパソコンを買うメリットはこんなにたくさんあります。

  1. 用途によってベストなパソコンを購入できる
  2. こだわりのパソコンが手に入る
  3. 予算内でベストなパソコンを購入しやすい
  4. パーツを換装できるので交換すればパソコンのストレスが少ない
  5. 早いところではカスタマイズしても翌日出荷が可能
  6. 不要なソフトやツールが入っていない

店頭で購入できるBTOメーカー(ショップ)もある

公式サイトで購入するのは不安という人も多いと思います。しかし、ショップによってはもちろん店舗もあるところが多いのでもし家の近くにあればぜひ足を運んでみてださい。

マウスコンピューター店舗情報

ドスパラ店舗情報

パソコン工房店舗情報

「BTOパソコンとは」まとめ

以上がBTOパソコンとはでした。

BTOパソコンは本当に安く性能を求める人にはベストなパソコンです。一度BTOパソコンを購入すればおそらく今後はBTOもしくは自作PCしか買えなくなってしまうかもしれませんw

それくらい、性能を求めるようになるし価格もかなり抑えることができるので普通に買うよりとってもお得です。もしあなたがパソコンの購入を検討しているならぜひ色々と調べてみてくださいね。

 

PCパーツの基本

パソコンについて深く知るためには基本的に知識を知っておくとすごく便利です。パソコンの構成部品を知っているだけで自分にはどんなパソコンが必要なのか・その選び方を知るきっかけになります。

CPUとは?パソコンの基礎知識Intel・AMDについて解説

グラフィックボードとは

SSDとは?HDD(ハードディスク)との違いと速度や価格を比較

マザーボードとは|マザーボードの選び方も解説

BTOパソコンと自作PCどっちが安い?同程度パーツで価格差を比較してみた

最新情報をチェックしよう!