BTOパソコンと自作PCどっちが安い?同程度パーツで価格差を比較してみた

パソコンを買うならBTOと自作PCはどっちが良いの!?

これからパソコンを買おうと考えている人の良くある疑問がBTOと自作PCは実際どっちを選んだら良いの?ということ。また、どちらの方が安いのかという疑問を投げかけている人がいます。

ただ、実際に性能面や価格面で考えたときに人によって変わってくることがあるのでこの記事は以下のことについて解説していきます。

  • BTOと自作PCの違い(メーカー製PCについても)
  • どちらが性能が高く・価格が安いのか
  • BTOのメリット・デメリット
  • 自作PCのメリット・デメリット
  • 自分にあったPCがBTOか自作か判断する方法

この辺をこの記事ではお伝えしていきます。BTOか自作かと迷っているなら参考にしてくださいね。

BTOと自作PCの違いは?

BTOと自作PCの違いでよく質問であがっているのが

  • 保証がないとかあるとか
  • 業者(ショップ)に組み立ててもらうのか自分で作るのか
  • どちらも価格は安いが自作PCの方が安いのか

これから、できるだけ性能が良く価格が安いパソコンを購入しようとしている人はこのように考えているかもしれません。これは正解ではありませんが大きくは間違っていません。

BTO(ビルドトゥオーダー)というもので受注生産なのでショップが組み立てを行って購入者の元へパソコンを送ります。また、パーツの選択はショップに用意されているパーツから注文者が選択し購入することになります。
自作PCはCPU、マザーボード、メモリ、SSD、ケース、電源などパソコンを作る上で必要なパーツを自分の利用用途に合わせて構成を決めてパーツを購入し自分で組み立てて初期設定を行うパソコンになります。

BTOショップなどでは組み立てを行ってくれることはもちろん標準で保証が1年付き、延長することも可能です。ただ自作PCでもパーツごとで保証があるのでその点はあまり変わりはないでしょう。

BTOと自作PCで確かに価格差があることは間違いありませんが、これはパーツごとによっても価格が代わりますのでいったんどんな構成でパソコンを組むのか決めなければどちらが安いのかということはわかりません。

下記の方でBTOと自作PCの価格比較表を紹介しています。

性能や価格を追求すると家電量販店で販売中のパソコンがおすすめできない理由

ちなみにBTOと自作PCを検討している人なのでこの辺は問題ないかと思いますが一応解説しておきます。

家電量販店などではたくさんのパソコンが販売されていますよね。これはメーカーパソコンというものでメーカーごとで様々なアプリ・ソフトなどが既にインストールされている状態になります。実際不要な機能などもかず多く搭載されていることも多く値段が高い割には性能はいまいちといったパソコンが多いです。

性能や価格を重視していくのであれば絶対に買わない方が良いパソコンと言えるでしょう。

BTOと自作PCはどっちが良くてどっちが安いのか

で、結果BTOと自作PCは同じスペックのパーツで比較するとどちらが安いのかということにここではお答えしていきます。

参考にするのはマウスコンピューターのゲーミングブランドG-TUNEの「NEXTGEAR-MICRO im610SA4-M2SH2-KK」です。マウスコンピューターでは税込みで155,540円(価格.com限定価格)で販売されています。

NEXTGEAR-MICRO im610SA4-M2SH2-KK
パーツ スペック 価格(自作PCの場合)
 CPU インテル® Core™ i7-9700 プロセッサー 41,162円
CPUクーラー 水冷CPUクーラー ( メンテナンスフリー型 ) 7,280円
 グラフィックボード GeForce® GTX 1660 26,644円
 メモリ 16GB (8GB×2/デュアルチャネル) 7,980円
 マザーボード インテル® B360 チップセット (Micro ATX) 15,490円
 SSD 512GB NVM Express SSD ( Intel 660p / M.2 PCI Express Gen3 x4 接続 ) 8,778円
 HDD 2TB 5,808円
 光学ドライブ なし  ー
PCケース ATX対応ケース 4,158円
電源ユニット 700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD ) 6,940円
OS Windows 10 Home 64ビット 15,630円
納期 即日〜
使用開始までの期間 即利用可能 組み上がり・初期設定後
合計価格 155,540円 139,870円

このような結果になりました。

できるだけNEXTGEAR-MICRO im610SA4-M2SH2-KKと同じになるような構成でパーツを選び値段も最安のパーツを探しました。

価格差は「15,670円」という結果になりました。2万円〜3万円の価格差が出るのではないか?と予想した人も多いと思いますがそこまでの差はありませんでしたね!

ただこれからパソコンの購入を検討している初心者の人の場合は自作PCはおすすめはできません。1万5千円安く購入することができたとしても組み立てが待っており、さらにOSやBIOSなど初期設定などを行わなければいけません。

絶対に組み上げる自信があって組み立てが自作PCの醍醐味だと感じている人であれば勉強にもなりますし楽しさを感じられるのでそういう人は自作PCに挑戦してみても良いかもしれませんね!

今回はG-TUNEのデスクトップゲーミングPCで紹介してきましたが、パソコンによってもこの価格差がなくなることもありますし、BTOパソコンの方が安くつく場合も多いにあります。

組み立ての時間や労力、失敗なども考慮して1万5千円を安くみるかはその人次第と言うことになります。

価格が安くなると言う理由だけで自作PCを選ぶのは間違い!時間や労力を考えるとそこまで大きな差はなくなっている!

BTOパソコンのメリット・デメリット

BTOパソコンのメリット・デメリットについて紹介します。

BTOのメリット

  • パーツ選びが簡単(用途別にパソコンを紹介してくれるし選択できるパーツが決まっている)
  • ショップが責任を持って組み立ててくれる
  • 保証期間関係なく故障した場合は故障の原因をBTOショップ側で調べてくれる

BTOパソコンのメリットはこのあたりかなと考えます。

パソコンに関する知識が少しある人であればその用途にあったモデルのパソコンを簡単に選ぶことができるように準備してくれていますし、注文するだけでショップ側が責任を持って組み立ててくれて自宅に届けばすぐに利用できる状態になっているのはすごく嬉しいですよね。

動画編集したい!オンラインゲームをプレイしたい!画像編集したい!など様々な用途にあったパソコンが選びやすくなっているのはかなりありがたいサービス!

また、BTOショップで購入したパソコンは標準で1年保証があり、追加料金を支払うことで3年まで延長してくれますが別にこれが大きなメリットではなく、壊れたとしてもショップ側がしっかり故障の原因を突き止め修理してもらうことができると言う点も非常に大きいのではないかと思います。

BTOのデメリット

  • 自作PCほどパーツ選びの自由がきかない
  • 一部のパーツは安価なパーツが使われていることもある(カスタマイズ次第)

BTOのデメリットはこのようなことになります。

やはり自作PCと比べるとパーツの自由度はどうしても低くなってしまいますし、全てのパーツをカスタマイズしたとしても自分でパーツを全て選択できる自作PCに勝てるはずもありません。

ただ、プロでもない限りBTOショップが提示しているパーツでも十分なくらいですけどね!

自作PCのメリット・デメリット

ここから自作PCのメリット・デメリットについて紹介していきます。BTOパソコンのメリット・デメリットの逆になるだけですが、、

自作PCのメリット

  • 自分で好きなパーツを選択して理想とする完璧なパソコンを作ることも可能
  • 場合によってはBTOパソコンより価格を抑えることもできる
  • 最初の頃は作るワクワクが堪らない
  • LEDでカッコよくオシャれに演出することもできる

自作PCの最大のメリットはPCパーツの自由度が高いこと、そして何よりも自分の理想とするパソコンを自分の手で組み上げる達成感を感じられることです。また、そのあとのパーツを新しいものに変更したりするのもBTOパソコンよりは簡単になります。

パソコンに関する知識もかなり深まるので人によっては絶対楽しいです!

またPCパーツの保証に関してはパーツによっては3年から5年はありますし、保証が長いパーツは10年保証なんていうものあるので保証に関しては問題ありません。メモリに関しては永久保証なんてパーツもあります。

自作PCのデメリット

  • 理想のパソコンにするためにはかなりパソコンパーツの知識が必要!時間がかかる
  • 組み立てに時間がかかるし失敗することもある!組み間違えてパーツが壊れることも
  • パソコンが故障・不具合が発生したら自分で原因を突き止めなければいけない
  • パーツに拘ればこだわるほど価格は高額になっていく

周りにパソコンが詳しい人がいかなければ構成も考えなくてはいけないので初心者にはかなり難易度が高いです。個人で勉強するなら時間もかかってしまいます。

また、構成を考えてパーツを買ってきてもそこからパソコンの組み立てがあり、そしてOSインストール・BIOSの初期設定などをしなければいけません。

組み立てる際に間違っているとパーツが壊れることもありますし、本当最初から難易度が高い自作PCを作るのは非常に困難です。そんな難しさも楽しめるのであれば問題ありませんが!

一番デメリットと言えるかもしれないのが「自作PCの不具合・故障」となった場合!これは経験がある人でなければその苦労がわかりませんが壊れた原因を1つ1つ確認しながら探すのは本当に骨が折れます。私はやりたくないですね・・・w

BTOがおすすめな人はこんな人

  • すぐにパソコンを利用したい人(パソコンというツールを使いたいだけ)
  • 高性能・低価格のパソコンを簡単に選べた方が良いと思っている人
  • 故障してもお店に任せれば安心だと思う人
  • 高性能である程度価格を抑えたゲーミングPCが欲しい人(すぐプレイしたい)
  • 拡張性は少しくらいあればOKと思う人(後から自分でパーツ交換することも可)

このような人であれば間違いなくBTOパソコンがおすすめです。

自作PCがおすすめな人はこんな人

  • 自分が理想とするPCパーツでパソコンを作りたい人
  • パソコンの知識を勉強するため自作したい人
  • パソコンを組み立ていろんなカスタマイズをいつでも自由にできるようになりたい人
  • ギリッギリまで価格を抑えて高性能パソコンが欲しい人(価格はケースバイケース)

このような人は自作PCがおすすめです。

BTOと自作PCで迷ったら自分の目的(用途)をはっきりさせる

BTOパソコンや自作PCに関係なくパソコンを購入する際はある程度の目的(用途)があると思います。

BTOパソコンや自作PCを購入する前にこの用途をはっきりとさせることでどんなスペックのパソコンが自分に必要なのかと調べる基礎となるので購入前はどんな目的でその目的を達成するためにはどのくらいのスペックのパソコンが必要か今一度考えましょう!

これを決めなければオーバースペックで宝の持ち腐れ状態になることもありますし、たっかい金出したのに結局そこまで必要なかったという状態になるのでまずは用途から必要十分なスペックを考えましょう!

  • オンラインゲーム
  • 動画編集
  • 画像編集
  • ビジネス用途(オフィスソフトなど)

その目的がはっきりすればBTOサイトなどを参考にすればどのくらいのスペックがあれば十分なのかわかるようになるはずです。

 

BTOパソコンと自作PCの違いと価格・性能はどちらが優れているのかまとめ

ここまでBTOパソコンと自作PCの違いについて解説してきました。

結果はそこまで大きな差はないということがわかっていただけたのではないでしょうか?今回比較したゲーミングPCの比較表では自作PCが1万5千円ほど安くなりましたが、組むパーツによっても価格は大きく変わってきます。

自作PCを選択する場合は、組み立てること・故障した場合のことまで頭に入れてそれでもやりたいと思うのであれば自作PCを選択すれば大丈夫だと思います。独特なケースで組んだPCは本当にかっこいいですしね!

逆に、パソコンを購入したらすぐに使いたいと思うのであればBTOで購入するべきです!納期もかなり早いですし、大手BTOショップは安心できるのでおすすめです。

PCパーツの基本

CPUとは?パソコンの基礎知識Intel・AMDについて解説

グラフィックボードとは

SSDとは?HDD(ハードディスク)との違いと速度や価格を比較

最新情報をチェックしよう!