1. ホーム
  2. 特集
  3. COMPUTEX TAIPEI 2011特集
  4. 「SilverStone・ケース編その1」

COMPUTEX TAIPEI 2011フラッシュレポート「SilverStone・ケース編その1」


COMPUTEX TAIPEI 2011フラッシュレポート「SilverStone・ケース編その1」


弊社が代理店を務めておりますメーカー各社を訪問して、注目製品の紹介や、会場の様子をお伝えしてまいります。(6月1日公開)
このページではMini-ITXケース、タワー型のケースをご紹介。

ブース紹介

1

こちらはPC DIY関連のメーカーが集う、TWTC Nangang Exhibition Hallです。

2

まず訪問しましたのはシルバーストーンです。


SG08

3

最初に紹介しますのはSugoシリーズの最新作「SG08」です。

4

こちら外観。SG07の兄弟機かしら?

5

フロントパネルには1cm厚のアルミパネルを使用。

6

SG08を前面から。


TJ04-E

7

続いてはTemjinシリーズの名作2011年版?「TJ04-E」です。

8

こちらがTJ04-E。

9

内部レイアウトです。当然中のパーツとかは別売りです。

10

拡張カードは12.8インチまで対応。ドライブベイを外せば17インチまで搭載可能だそう。

11

ドライブベイユニットには取っ手が。取り外しやすくなってます。

12

天井部には14cmファン×2が搭載可能。

13

天井部を外から。USBなどのI/Oは天井部。皿状なのでねじくらいなら置けます。

14

天井フィルターはお得意の磁石式。

15

裏配線スペースもかなり広いですね。

16

ファンの厚さから考えると30mm程度はあるのでしょうか。

17

ドライブベイユニットですが、ヒートシンクがついてます。横のファンの風で激冷えでしょうか。

18

こちら顔違いです。(フェイスを立てかけただけなのでこんな感じ、と見てください)Kublaiシリーズのひとつとして開発中だそう。


TJ08-E

19

さて、結構前から紹介されて話題にもなっておりました「TJ08-E」です。ここだけの話ですが、7月上旬登場「予定」です。

20

フロントから、TJ08-Eをご覧ください。

21

マザーボード倒立配置で、前のファンの風が直線でHDD、CPUクーラーへあたります。

22

CPUクーラーの大型化に対処すべく、支えがあります。

23

この支えは多段階調節が可能です。

24

前面のファンは18cm徹甲弾ファン。ファンコントロールは外側についてます。

25

グラフィックカードは13.25インチまで対応可能。この展示ではRadeon HD 6970がデュアルで載せてあります。

26

天井部のエアフィルター。

27

磁石式で取り外し簡単です。

28

前面のエアフィルターはスライドさせて取り外しできます。

29

逆からも引き出せます。PS06と一緒ですね。

30

こちら開発中の別フェイス。ただ前面ファンが12cm×2になるらしいです。

31

並べてみました。どちらがお好みでしょうか?


→→→次へ

次のページではシルバーストーンの超ど級ケースやHTPCケース、電源をご紹介します。

ページ先頭へ